平成24年4月にインプラント治療も健康保険の適用となったそうですが、条件はどうでしょうか。

インプラントのすべて

インプラントのすべて

健康保険の適用へ

インプラントは自由診療です。
自由診療は、医療費が各医療機関によって異なり、健康保険が適用されず全額自己負担となってしまいます。
ですがインプラントの治療が平成24年4月から、保険適用の対象にするという発表がありました。
これで30万円から40万円という高額な治療費のかかるインプラントも、多くの方が受診することができるようになるのではないでしょうか。
ではなぜインプラントがそもそも健康保険の適用外なのでしょうか。
これはインプラントの特長でもある「審美性」にあります。
インプラントは他の治療方法とは異なり、審美性にもすぐれているとされています。
その結果、審美精を含んだ治療目的となります。
これでお分かりの通り、歯を美しすることを目的とした審美歯科などの治療費は、健康保険の適用外です。
これにインプラントも含まれるという判断であっため、健康保険が適用されませんでした。
では平成24年4月以降は、どのように変わるのでしょうか。
インプラントの治療費に対する保険の適用条件を確認してみましょう。
1つが「生まれつきあご骨の三分の一が連続して失われている」、続いての条件が「上あごの三分の一以上が連続して失われていて、鼻腔や副鼻腔うへとつながっている」「下あごの三分の一が連続して失われていて、疾病などによって切除した場合」となっています。
これら条件の1つでも満たせば、健康保険が適用されます。
ですがこれらの条件は非常にきびしいものと言えます。
例えば一本の歯のインプラントであれば、これらに該当しません。
さらに病気や事故によって「あご骨の形成不全」といった条件もあります。
続いてインプラントを施術する医療機関に対する条件も設けられています。
「国が定めた医療機器および医薬品が整っていること」「当直体制」「ベッド数が20床以上の口腔外科および歯科」「これらの条件が整っており、かつインプラント治療の経験3年以上の歯科医師が2名以上で常勤、あるいは治療の経験5年以上の医師が2名以上で常勤」となっています。
これらの条件を見てがっくりしている方も多いかも知れません。
患者側の条件もさることながら、インプラントを受ける病院に対しても条件が設けられており、健康保険の適用は非常に難しいと言えます。
ですから現状は、健康保険が適用されないということが常識化していると言えます。
こういった法制度は、改正が頻繁に見られますから、少し気長な気持ちで待った方が良いかもしれません。

Copyright (C)2018インプラントのすべて.All rights reserved.