もっとも自然の歯に近いとされるインプラントのデメリットとはなにでしょう。

インプラントのすべて

インプラントのすべて

デメリットとメリットについて

健康問題を考える上で避けて通ることのできないのが歯です。
歯は臓器の1つとも言われており、歯が悪くなることは健康状態の悪化が懸念されます。
そのため歯の健康維持は、からだ全体の健康維持に直接つながると言えます。
ですがそれでもできるのが虫歯です。
その結果、インプラントが必要になるケースも多いです。
もちろん、ブリッジや入れ歯といった治療の選択肢は存在します。
ですがそれらには歯としての不自然さや、デメリットが多いのが事実です。
そのためインプラントは、現在の治療方法の中では理想的と言うことができます。
インプラントは数有る治療の中でも、本来の歯に近いとされています。
ものを噛む力や違和感の少なさは、ブリッジや入れ歯とは比べ物にならないとさえ言われています。
ですが、そんなインプラントにも当然でデメリットとされる部分があります。
まずは「手術」です。
インプラントは、歯茎の中にネジであるフィクスチャーを埋め込む必要があります。
フィクスチャーの手術では、骨に埋め込むことになり、大掛かりな手術となります。
そしてこの骨を埋め込むための手術だけではなく、フィクスチャーに人工の歯を装着する際も手術となり、2度も手術を行うことになります。
現在では1度で手術が済む方法もありますが、一般的には手術を2度行うものとなっています。
続いて、インプラントの治療は、それなりの期間を要します。
治療期間がもっとも短くても2カ月はかかり、長い場合は1年間も治療がかかることになります。
そのため、治療期間に応じて費用が高額になります。
もともと、インプラントの治療費は高額となっています。
一本あたり35万円から45万円もかかり、虫歯の治療としては非常に高額な治療費と言えます。
そしてインプラントは、手術を終えて装着すれば終わりというわけではありません。
インプラント自体の治療はそれで終わりになりますが、その後のメンテナンスが重要となっています。
インプラントにおけるメンテナンスは必須となっており、逆に定期的にメンテナンスを行えないのであれば、インプラント以外の治療を選択するべきと言われています。
手術で1年間ほどかかり、その後もメンテナンスで半永久的に治療となります。
これらのことを踏まえて、インプラントを選択するか、あるいは不快感があっても他の治療方法にするか、よく考える必要あると言えます。
メンテナンスの継続ということが必須ですから、インプラントを受ける適性があるかどうかも検討してみる必要があります。

Copyright (C)2018インプラントのすべて.All rights reserved.