インプラントは高額で知られていますがさらにランニングコストもかかってきます。

インプラントのすべて

インプラントのすべて

費用の悩み

前歯が抜けてしまった場合や、抜けた歯の周りに歯がないためブリッジが付けられない、さまざまな理由でインプラントを選択することがあります。
インプラントも万能な治療方法ではなく、ケースによっては施術ができない場合もあります。
ですがインプラントが可能であれば、やはりお勧めできる治療方法と言えます。
インプラントは、他の治療方法よりももっとも元の歯の状態に近いためです。
違和感も少なく、噛む力もほとんど変わらないというインプラントですが、悩みの種はやはり費用でしょう。
インプラントの費用と言えば、高額なことで知られています。
ですが一概に高額と言うことはできません。
インプラントの治療費は、各歯科医院によって大きく異なります。
10万円台の歯科医院から、50万円もの費用がかかる歯科医院もあります。
では、なぜこれほど治療費が異なるのでしょうか。
実はインプラントの治療は、自由診療となっています。
そのため、各歯科医院によって異なるというわけです。
さらに自由診療のため国民健康保険の適用は認められません。
ではインプラントの費用の目安はいくらでしょうか。
まず詳細として、ネジに当たるフィクスチャーの値段を調べてみましょう。
フィクスチャーの価格は、1本当たり10万円から30万円の幅となっており、もっとも多いのが25万円程度です。
そしてフィクスチャーにつける人工の歯は5万円から20万円が相場となっています。
この価格の幅は、人工の歯に使用する素材によって異なるためです。
一般的に、金属製のものほど安く、セラミックは高額になります。
これらを総合して、もっとも高額なインプラントで、1本当たり50万円程度となります。
人工歯の価格の中心としては13万円と考えると、30万円程度が一般的なインプラントの価格の目安と言えます。
さらに、手術の内容によってはもう少し費用が高額になる場合があります。
これは大きく異なるため目安になる価格はありません。
また、治療後のメンテナンスに費用が必要となります。
メンテナンスは、1年に1回から4回となっており、1度のメンテナンスに3,000円から10,000円となっています。
治療費だけでなく、メンテナンスのランニングコストが発生しますので注意しましょう。
この支出も踏まえてインプラントを受けるかどうかを判断する必要があります。
治療だけの支出ではないことをよく理解した上で、治療の検討をするようにしておきましょう。

Copyright (C)2018インプラントのすべて.All rights reserved.