インプラントの治療を受ける前は、しっかりとスケジュールを確認しておく必要があります。

インプラントのすべて

インプラントのすべて

治療期間とは

インプラントの治療は、ある程度の期間を要します。
やはり人工のネジと歯を入れるという治療のため、すぐになじむということはありません。
また手術の内容によっては、さらに別の治療が必要となり長期間となります。
この別の治療とは、そもそもインプラントの仕組みに理由があります。
インプラントは、ネジの部分であるフィクスチャーを骨の中に埋め込みます。
ですから治療時間よりも、安静期間が長くなります。
この安静期間というものは、インプラントにおいて必須の期間です。
この期間を経ることで、ようやく本当の歯と同等の働きをするようになります。
インプラントの手術自体の時間は、1時間から2時間ほどとなっています。
これは骨に問題なくフィクスチャーを埋め込むことができた場合です。
通常の治療で骨に埋め込めない場合は、骨をつくる場合があります。
この場合は、骨をつくる治療として半年ほどかかります。
また、下あごと上あごによって治療期間が異なります。
これは骨の密度が異なるためで、下あごは3カ月間の安静期間が必要で、上あごは6カ月間の安静期間となっています。
この安静期間によってインプラントと骨が結合します。
このことを「オッセイオインテグレーション」と呼びます。
オッセイオインテグレーションとは、フィクスチャーであるチタンと、骨が直接結合することを意味しています。
オッセイオインテグレーションが始まるのは、術後の3〜4週間です。
そして接触率は3カ月後以降に高くなります。
この期間は、歯を噛み合わせることによる負荷がフィクスチャーにかからないようにする必要があります。
そのため、歯肉によってフィクスチャーを覆います。
ですからオッセイオインテグレーションが終わるまでフィクスチャーに負荷がかからないようにするようになっていますが、「仮歯」を装着することができます。
仮歯は専用のもので、フィクスチャーに余分な負荷がかからないようになっています。
このように、インプラントの治療では期間をそれなりに要します。
特にオッセイオインテグレーションが終わるまでの安静期間が長いものとなっています。
上記にあります通り、その期間も仮歯などで歯を代用できるため、不便さはありません。
ですがある程度期間のかかる治療になりますので、インプラントを受ける前にスケジュールを考えておきましょう。
スケジュールによっては、インプラントを受ける時期を検討し直す必要があるので、しっかりと確認しておきましょう。

Copyright (C)2018インプラントのすべて.All rights reserved.