インプラントも永久的なものではなく、寿命があると言われています。

インプラントのすべて

インプラントのすべて

寿命から考える

インプラントは、歯が抜けてしまい、歯が完全になくなった個所に人工の歯を装着するという治療です。
そしてこの治療では、骨にネジ部分であるフィクスチャーを埋め込み、そこに人工の歯を装着します。
歯と骨がしっかりと結合しているため、入れ歯のような違和感がほとんどなく、噛む力も本来の歯と大差ありません。
それほど優秀な治療方法ですが、インプラントにも「寿命」があります。
インプラントは高額な治療費とメンテナンスによるランニングコストが発生する高額な治療です。
さらに治療は自由診療となっており、健康保険の保障が適用されず、全額自己負担となっています。
これほどの高額な治療費になるインプラントですが、それでも永久的なものではなく寿命が存在します。
インプラントの寿命は10年という意見やそれ以上、あるいは一生使用を続けることができるといった意見まであります。
寿命に関しては、非常に幅の広い意見となっています。
一生使用することができるという意見もありますが、インプラントも物であるため、必ず寿命が存在します。
人工歯やフィクスチャーに寿命があるのは当然のことです。
一般的に寿命と言われるのは10年から20年です。
ただし寿命としてはこれぐらいの期間だ、と言い切ることはできません。
基本的には半永久的な寿命と言うことができますが、インプラントをいかに維持するかに寿命が大きく関係しているからです。
このようにインプラントにははっきりとした寿命というものがありません。
あるとすればその寿命をいかに長くするかは装着者次第と言えます。
寿命を伸ばすためには、定期検査のメンテナンスを受診することは必須です。
そして医師から指導を受けた方法で正しいブラッシングをするように心がけることが大切だと思います。
また、現在では、細菌の発生や増殖を抑えるための「口腔内洗浄液」が販売されていますので、こういった製品を使用すると良いでしょう。
寿命を長くするためには、フィクスチャーが埋まっている個所の歯肉に対して洗浄することがもっとも重要です。
炎症を起こさないようにするための方法であれば、さまざまなものを試してみるのも良いでしょう。
とにかく、インプラントでは寿命という要素が非常に重要です。
寿命が短ければ、それほど高い治療費はないと言えます。
そもそもの治療費が高額なため、寿命を伸ばす努力を自身で怠らないようにし、無駄な治療にならないようがんばりましょう。

Copyright (C)2018インプラントのすべて.All rights reserved.